07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

AJCC 理論着順予想 

AJCC 理論着順予想

理論着順
AJCC 理論着順

見解
理論1位はナスノセイカン。調教良く、穴としては面白そうだが、昇級戦となり能力を裏付ける数値が足りない上に、コース適正が疑問。過大な期待は酷。
理論2位から理論4位までがほとんど差がなく、ゼーヴィント、ルミナスウォリアー、リアファルは互角。3頭とも有力。
理論5位はタンタアレグリアだが、少し差がある。休養期間も長いので懸念もあり、上位評価は難しい。
タンタアレグリアとほぼ差がない理論6位がシングウィズジョイ。しかし、ここに入ると能力面の数値が足りなく、人気先行の感。これなら理論7位のクラリティスカイの方が調子も良く面白そうだが、距離やコースなど課題もある。

結論
◎10ゼーヴィント
○6ルミナスウォリアー
▲13リアファル
★8タンタアレグリア
☆11ナスノセイカン


3連複5頭BOX10点

※この予想は的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任でお願いいたします。

少しでも参考になった方、応援のクリックをお願いいたします。
 

スポンサーサイト

[edit]

フェアリーS・シンザン記念 理論着順予想 

フェアリーS・シンザン記念 理論着順予想

フェアリーS

理論着順
フェアリーS 理論着順

見解
理論1位アエロリットと理論2位メローブリーズの一騎打ち感。3番手にコーラルプリンセス。
理論4位ブラックオニキスの信頼度は低く、理論5位キャスパリーグも大外枠が痛く苦しい戦い。

結論
◎3アエロリット
○11メローブリーズ
▲1コーラルプリンセス
★4ブラックオニキス
☆16キャスパリーグ


3連複5頭BOX10点

※この予想は的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任でお願いいたします。


シンザン記念

理論着順
シンザン記念 理論着順

見解
理論1位ペルシアンナイトはテンが遅く不安もあるが、このメンバーに入れば能力断然。
理論上はブレイヴバローズが面白い存在だが、能力指数が伴わず、信頼感は薄い。
2人気アルアインは理論3位。ペルシアンナイトと同じ池江寿厩舎だが、こちらも好走可能性は高い。
理論4位はメイショウソウビ。人気薄だが、能力値はソコソコ。今の京都の馬場を見方に逃げが叶えば穴候補。
理論5位タイセイスターリーは能力指数が伴わず、枠順も厳しい。ならば理論6位のマイスタイルが上位。

結論
◎5ペルシアンナイト
○7アルアイン
▲3メイショウソウビ
★2ブレイヴバローズ
☆10マイスタイル


3連複5頭BOX10点

※この予想は的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任でお願いいたします。

少しでも参考になった方、応援のクリックをお願いいたします。
 

[edit]

京都金杯 理論着順予想 

京都金杯 理論着順予想

理論着順
京都金杯 理論着順

見解
難解な一戦。
理論1位はマイネルハニー。調教良く、毎年先行馬有利のレースなので好走の期待は高そう。
理論2位はブラックムーン。脚質的な不安はあるが、末脚の爆発力は凄まじく、近走の充実ぶりからはここでも通用の可能性は十分。
昇級戦となるミッキージョイが理論3位。なかなかの素質馬で成績が安定している。先行叶えばここでもやれて不思議ない。
理論5位のフィエロはいつも一息足りないが、前走内容からもまだまだ衰えはない。得意の京都マイルならここでは上位の存在。
人気のエアスピネルは理論6位に甘んじたが、能力指数は断然の1位。久々のマイルがどうかだが、本質的にはむしろマイラー。クラシック路線で上位争いしてきた能力からアッサリの期待がオッズにも表れているが、嫌うわけにもいくまい。


結論
◎4ブラックムーン
○15マイネルハニー
▲5フィエロ
★6エアスピネル
☆12ミッキージョイ


3連複5頭BOX10点

※この予想は的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任でお願いいたします。

少しでも参考になった方、応援のクリックをお願いいたします。
 

[edit]

中山金杯 理論着順予想 

中山金杯 理論着順予想

理論着順
中山金杯 理論着順

見解
理論1位ツクバアズマオーと理論2位ストロングタイタンが接戦。しかし、ストロングタイタンは昇級戦となるため能力指数が低く、一方ツクバアズマオーは能力指数トップ。枠順も加味してツクバアズマオーの方が信頼度は高い。
当然ストロングタイタンが強敵となるが、過信は禁物。能力的な数字から行けば、理論3位シャイニープリンス、理論4位ロンギングダンサー、理論5位ダノンメジャーが上。人気的にはロンギングダンサーは大穴候補となるが、さすがに信頼度は低いか。ダノンメジャーも、距離やコースなどに弱点を抱える。


結論
◎3ツクバアズマオー
○1シャイニープリンス
▲10ストロングタイタン
★5ロンギングダンサー
☆6ダノンメジャー


3連複5頭BOX10点

※この予想は的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任でお願いいたします。

少しでも参考になった方、応援のクリックをお願いいたします。
 

[edit]

有馬記念 理論着順予想 

有馬記念 理論着順予想

理論着順
有馬記念 理論着順

見解
理論1位サトノダイヤモンドがやや抜けた。能力指数が最も高く、調教良く、コースも問題なし。時計比較も上位となれば◎は決定。

理論2位は意外にもシュヴァルグラン。調教は動いており好調。枠順と持ち時計が少々気になるが、能力指数高く、かなりオッズ妙味が高い。有力な相手候補の1頭。

理論3位はゴールドアクター。こちらは攻めの調教で馬体を絞り、勝負仕上げ。気性面を考えれば諸刃の剣になりかねないが、能力面、コース適正を考えれば当然有力。

理論4位のサウンズオブアースは意外にも能力指数が伸びない。ある意味危険な人気馬になり得る。しかし実績的にG1で通用するのは周知だし、コース適正高く、時計比較も上位なら、やはりここは外せないか。

理論5位にアルバートだが、やはり少々もの足りない。掲示板までといったところか。

キタサンブラックは理論6位。当然能力指数は上位。人気馬がここまで理論着順を下げれば、嫌いたいところだが…。

理論7位と8位にミッキークイーンとデニムアンドルビーの牝馬2頭がほぼ並んだ。
ミッキークイーンは、能力指数面で見るなら、サウンズオブアースと同等。展開いかんでは、の穴馬としての魅力はある。

ここはサトノダイヤモンドを筆頭に、理論上位3頭の好走可能性が高く、次いでサウンズオブアース。いずれも人気サイドなので、キタサンブラックまで入れてしまっては面白味に欠ける。
敢えてキタサンブラックを切り、ミッキークイーンに期待してみたい。

結論
◎11サトノダイヤモンド
○2ゴールドアクター
▲14シュヴァルグラン
★6サウンズオブアース
☆8ミッキークイーン

3連複5頭BOX10点


※この予想は的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任でお願いいたします。

少しでも参考になった方、応援のクリックをお願いいたします。
 

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

オンラインカウンター

応援お願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。